このサイトで「ネステナーをレンタルするメリットとデメリット」について知っておきましょう!

ネステナーをレンタルするメリットとデメリット

ネステナーとは

ネステナーは物流センターになくてはならないもの

近年、ネット通販などが流行し、定着しつつあります。毎日沢山の荷物が取り扱われている物流業界を支えているのが、「ネステナー」という収納できる保管棚です。

ネステナーとは一体なんなのか、どんなメリットがあるのか、説明します。

乱雑に置かれた段ボール

ネステナーとは

ネステナーとは、先程も簡単に説明しましたが、荷物が収納できる「保管棚」のことです。ネステナー自体は、上下左右に枠がある棚なのですが、これを重ねることによって、綺麗に荷物を収納することができます。

これまで物流センターや倉庫に荷物を保管するのに、一番大変だったのは「荷物の置き方」でした。単純に荷物を上に重ねていったら、下の荷物が潰れてしまいますし、必要な荷物が下にあったら取り出すのが大変でした。

コンサルテイション※逆ネステナー レンタル http://www.saneimatehan.com/rental/

そういう難点から開発されたのが「ネステナー」で、ネステナーを使えば、荷物の出し入れが簡単になります。枠内で区切られた棚で荷物を重ね置きするので、多くの数の荷物を載せることができません。

なので、必要な荷物を出し入れしやすくなっています。

ネステナーのメリット

まず、ネステナーのメリットとして一番大きいのは「保管効率が良い」ということです。先程も説明した通り、ネステナーを使うと荷物を重ね置きすることができますし、荷物の出し入れも簡単にすることができます。

あと、ネステナーは「持ち運び」することもできることもメリットのひとつです。荷物を一つ一つ運ぶのではなく、ネステナーに載っている荷物をそのまま運ぶことができるので、荷物の移動という面に関しても効率的です。

また、保管する荷物がなくなったとしてもネステナー自体は、コンパクトに畳むことができるので「スペースを取らない」というのもメリットです。

荷物がないのにネステナーが重ねてあっても邪魔なだけなので、コンパクトに畳み、スペースを取らなくなると、作業効率もよくなります。

ネステナーは、毎日たくさんの荷物を保管、移動している物流センターにはなくてはならない存在になっています。ネステナーは物流センター以外にも、個人の荷物保管にもピッタリなので、気になる人は利用してみてください。

投稿日:

Copyright© ネステナーをレンタルするメリットとデメリット , 2018 All Rights Reserved.